はじめまして、岩崎慎太郎と申します。

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

 

当サイト「the Content」は、電子書籍をビジネスに活用し、ビジネスを成長させる方法をテーマに、個人事業主や個人ビジネスのためにeBook-Marketing(=eブックマーケティング、電子書籍マーケティング)についてお伝えしています。

eBook-Marketingeブックマーケティングも電子書籍マーケティングもすべて同じです。
表記が違うだけです。予めご了承ください。

電子書籍でビジネスを軌道に乗せ、成長させた。

タイトルでも言っているように、私は恐らく、日本で唯一無二の電子書籍出版でコンサルティングコンテンツ・ビジネスを軌道に乗せた起業家です。

恐らく” と言っているのは、少なくとも私が知っている限りでは他にいませんが、もしかしたら存在するかもしれないからです。

 

電子書籍を出版している起業家は他にもいます。これは間違いなく、います。
そして、その電子書籍をビジネスに活用している起業家もいます。

ただ、どなたもそうですが、ビジネスを軌道に乗せた上で、電子書籍の(電子書籍に限らず、紙の書籍でも)出版に取り組んでいます。

 

なので、私は一般的な起業家とは異なります。

電子書籍出版における一般的な起業家との違い

私が実際に電子書籍を出版し始めたのは2014年です。

当時、情報の早い起業家のなかには、すでに電子書籍を出版している人もいました。なので、私が誰よりも早く電子書籍出版に取り組んだわけではありません。

にもかかわらず、私が一般的な起業家とは違うと言えるのには理由があります。

 

今現在も結構いるというか、ほとんどがそうなのですが、起業家の多くは電子書籍の出版をビジネスに上手く活用することができていません。

だから、私はコンサルティングコンテンツ・ビジネスを軌道に乗せることができたとも言えるのですが、、、

電子書籍を「悪」にしてはいけない

名の知れたコンサルタントやコーチでさえも犯している間違いなのですが、自身がつくったコミュニティ内で電子書籍を紹介し、サクラを募ってレビューをつくりあげても、それは集客には何の役にも立ちません。

当然、これからビジネスを軌道に乗せようとしている人がそれをマネてもビジネスを軌道に乗せることなどできません。これは明らかに間違った電子書籍出版なので、あなたもマネてはいけません。

こういった間違った電子書籍の使い方は、ビジネスをする立場のあなただけではなく、読者にとっても「悪」でしかありません。

eブックマーケティングでビジネスを軌道に乗せ、成長させる

間違った電子書籍出版が多い・・・
そして、「悪」にしかならない電子書籍を手にしてしまう読者も増えていく・・・
これは負のスパイラルで、陥ってはいけない状態です。

そこで、立ちあげたのが当サイトです。

 

当サイトでお伝えしていくのは、電子書籍をビジネスに活用し、ビジネスを成長させる方法「eブックマーケティング」です。

「悪」にしかならない電子書籍はビジネスに活用することはできませんし、成長させることなんて不可能です。

 

お伝えしていくのは、電子書籍を出版するための手続きについての話ではありません(そういった内容もお伝えする予定ですが)。

当サイトでは、一般的な起業家とは違い、電子書籍によってビジネスを軌道に乗せ、ビジネスを成長させてきた戦略、戦術をお伝えしていきます。

 

是非、あなたのビジネスに電子書籍を活用し、ビジネスを成長させてください。

 

 eブックマーケティング無料講座はこちら 

 

 

follow us in feedly

feedlyで購読する場合はこちらのボタンをクリックして購読の登録をしてください。