こんにちは、岩崎です。

今日のテーマは
『電子書籍を出版すれば集客できるわけではない!』です。

 

電子書籍に限らず、どんな集客方法でも同じことですが、その手法に取り組めば、集客できるわけではありません。

電子書籍は出版すればイイわけではありませんし、ブログも記事をアップすればイイわけでもありません。これ以外の方法も同じです・・・
動画(YouTube)なんかもそうです。

あなたは集客でこんな間違いをしていませんか?

「とにかく」とか「とりあえず」といった気持ちでブログの記事をアップし続けたり、YouTubeが集客に効果があると聞けば、YouTubeに動画をアップしたりと、今とるべき行動を決めていませんか?

「良いと言われたから」「最新だから」、、、こういった理由で集客方法を選んで、上手くいかない状況に陥っていませんか?

 

これらはすべて、ビジネスで成功できない、集客に限らず、成果を上げることができない人の特徴です。

集客は目的(=ゴール)を決めてから方法を決める

集客の目的(=ゴール)を決めるために、次のように自分に問いかけてみてください。

「なぜ、この方法を選ぶのか?」

 

この問いかけに対する答えを明確にしなければなりません。

「●●●という結果(成果)を手にしたいから、×××という方法が合っている」、、、つまり、得たい結果があって、初めてそこで方法が決まるということです。

 

インスタグラムが集客に効果的なのでは?ということが、2016年ごろから言われていますが、私は取り組もうと思ったこともありません。

理由はカンタンなことで、やる理由がないからです。

 

なぜ、やる理由がない、理由が見つからないかというと、、、それは、私が得たい結果(成果)とインスタグラムを使う方法が結びつかないからです。

 

ここで明確にする答えは「流行っているから・・・」ではダメなわけです。

あなたにとって電子書籍がベストとは限らない

集客手段としての電子書籍について情報を発信している私が言うのも何なんですが、必ずしも電子書籍を活用することがベストな集客方法であるとは限りません。

ブログの方があなたには合っていることもありますし、動画の方が良いかもしれません。もしかしたら、Facebookなのかもしれません。

 

私の場合はたまたま電子書籍で上手くいきました。その時は、「なぜ、この方法を選ぶのか?」という問いかけに答えをもっていたわけではありません。

電子書籍の出版に取り組んでいく中で、集客手段としての電子書籍の優れている点を見つけました。

 

偶然にかけるようなことはギャンブルと同じですから、本当はダメなのですが・・・私はたまたま上手くはまっただけで、今も這い上がれずにいたかもしれません。

電子書籍を活用するのはこの2つが理由

もし、あなたが集客手段としての電子書籍の出版に取り組むことを検討していて、あなたの集客の目的が次の2つのいずれか、もしくは両方ともであれば、あなたは明確な答えをもっているのも同然です。

  1. 見込み客の質を重視している(量よりも質にフォーカスしている)
  2. 早く、スムーズにビジネスを軌道に乗せたい

 

是非、集客手段としての電子書籍の出版を検討してみてください。

 

 

 

follow us in feedly

feedlyで購読する場合はこちらのボタンをクリックして購読の登録をしてください。