大手・中小問わず、いろいろな出版社が紙の書籍を出版しています。

小説が売れない、雑誌も売れない、そんな環境においても毎日毎日、次々と新刊が発行され続けています。

 

紙の書籍の場合、すべての書籍が同列に並ぶなんてことはありません。

特設コーナーを設けてもらえる書籍は目立つし、お客さんにも手に取ってもらいやすくなります。

平積みにされている書籍も手に取ってもらいやすいです。

 

でも、売れ行きがイマイチであれば、次々と新刊本が発行されているわけですから、すぐに陳列棚行きが決定です。

棚に収められている書籍の場合、基本的にその本を目当てに書店まで足を運んだお客さんしか買いません。

 

これが紙の書籍、なおかつ、書店の環境です。

電子書籍はライバルと戦わずに、共存できるメディア

一方、Kindleストアは違います。

大手出版社が発行した書籍も名著と呼ばれる書籍も、あなたの電子書籍も、基本的にすべての書籍が同列に並びます。

 

AmazonのKindleストアでは、電子書籍も紙の書籍も、あなたの電子書籍も有名な作家の小説も同列です。

同列に並ぶということは、ライバルということでもあります。

 

では、ライバル同士、食って食われるかの勝負をしなければならないのかというと、実は勝負しなくてもイイのです。

というよりも、むしろ勝負しない方が良いのです。

ライバルや紙の書籍と戦わずして勝つ方法

あらゆる書籍と同列に並ぶということで、電子書籍はもちろんのこと、それ以外の紙の書籍、有名な作家、評論家、起業家たちと全面戦争をしなければならない・・・そう考えることもあります。

ただ、勝てるなら全面戦争もイイかもしれませんが、そう簡単に勝てるのであれば、苦労はしません。

これを簡単にやってのけるのであれば、もしかしたら、集客に苦戦するなんてことさえ起らないでしょう。

 

私たちのビジネス(業種ではなく、規模。規模が小さい私たちのビジネス)の鉄則は、勝てない勝負をしない!ことです。

勝てない勝負を避け、勝てる勝負だけをする!

また、勝負をするか否か以前に、そもそも勝負をしない!ことも重要です。

 

とはいえ、同じ市場で、並び立たなければいけないことがあるというのもまた、事実です。

そんな時、勝てる方法だけを考えるのではなく、『共存できる方法』を考えることも大切なのです。

 

電子書籍は雑誌と同じ!?

電子書籍はどんなメディアなのかというと、書籍よりも『雑誌』に近いメディア(媒体)と言えます。

雑誌は、扱うテーマをより絞っていたり、対象読者を限定したり、ニッチ市場をターゲットにしていますよね。

ファッション誌はその典型です。

女性ファッション誌なんて、毎月毎月多くのタイトルが出版されていますが、それぞれの雑誌同士でうまくすみ分けができているからこそです。

電子書籍出版でライバルと共存するための2つの方法

では、どうやって共存するのかというと、その方法は次の2つです。

  1. 対象読者を絞る
  2. テーマを絞る

 

重要なことは、『すみ分け』をしっかりすること。

それだけで十分です。

 

『すみ分け』をシンプルに説明すると、(ファッション誌を例にすると)どんな雑誌なのかという、その説明を簡潔にできるようにすること。そして、その説明が他誌とかぶらないこと。

これが『すみ分け』です。

 

1. 対象読者を絞る

性別、年齢(年代)、仕事上の役職などなど。

対象読者を明確にすることで、違いをつくり出すことができます。

もっと一般的な言葉で表現すると、『差別化できる』ということです。

 

対象とするターゲットを絞るという方法は、電子書籍に限らず、ビジネス全般において、もっとも簡単な『違い』のつくり方と言えるかもしれません。

 

2. テーマを絞る

ライバルが扱っていないテーマ、既存の出版社が発行していないテーマを扱います。

大手出版社や紙の書籍は、私たちほどテーマを絞ることはできません。

なぜなら、テーマを絞り過ぎると、採算性が合わなくなることが予想できるからです。

 

彼らがテーマを絞り切れないことで、必ずすき間(ニッチ)が生まれます。

その(ニッチ)テーマをあなたが扱うことで『共存』が可能になるのです。

 

そして、もう一つ、テーマを絞る方法があります。

それは、紙の書籍やライバルの書籍が扱っている中の、さらにその一部のテーマを扱うということです。

大手出版社が出版している書籍もある程度はテーマを絞っていますが、それでも広く浅くになる傾向があります。

そこで、狭く深く、一つのテーマを扱うのです。

電子書籍のアイデアを創出する

電子書籍出版において、一番のネックになるのは、おそらく「どんな電子書籍を出版すればイイのか?」ということでしょう、、、

 

企画が思い浮かばないことはよくありますし、企画が思い浮かばないことが原因で、途中であきらめる人も結構います。

 

でもこれは、すでに出版されている書籍を基準にして(既刊書籍と比較して)、「勝とう!」としてしまうからです。

もしくは、「まったく違うものを出版しよう!」と思ってしまうからです。

 

この時、「共存すればイイ!」と考えれば、どうでしょうか?

『共存』を前提に考えると、すでに出版されている紙の書籍、電子書籍を参考にすることができるようになります。

 

『対象読者を変える』か、『扱っていないテーマを扱う』か。

それとも、『すでに出版されているテーマを深堀する』か。

こう考えていけば、アイデアが早々に枯渇することはありません。

 

ここまではお伝えしてきたことは、実は、電子書籍を出版する側からの意見・考え方でしかありません。

そこでここからは、『見込み客の立場』から、共存について考えてみたいと思います。

 

人は本をわずか1冊しか買わないのか?

先に答えを言ってしまいます。

見込み客は、高い確率で書籍を複数買います!

決して、1冊の書籍を買って、それで満足・納得しないのです。

 

あなた自身の行動を思い起こしてみてください。

 

何か知りたいとか学びたい、勉強しようと思った時に、たった一つの情報源を頼りにして、安心するでしょうか?

おそらく、一つの情報源から得た知識や情報だけでは、納得しないはずです。

この情報が本当に正しいのかとか、もっとイイ情報、もっと自分に合った情報、その時点で抱えている悩みのすべてを解消する魔法の情報がどこかにまだあるのではないか、、、

そう考えるはずです。

 

人は満足できない・・・他の情報も欲しくなる

電子書籍では、あなたもとるような、こういった行動こそが重要なんです。

人は、1冊の書籍だけでOKと思わずに、他も探し始めるのです。

 

では、仮に1冊しか買わない、1冊買っただけで満足や納得をしてしまうとしたら、どんな状況が生まれるでしょうか?

もし、このような状況になったとしたら、それこそライバルや紙の書籍たちと全面戦争になってしまいます。

勝った負けたを決める戦いをしなければならなくなります。

 

極端な話と感じるかもしれませんが、勝った負けたの勝負をすれば、1冊だけが勝ち残り、あとは敗れさるのみです。

そして、誰が勝ち残るかというと、現時点での強者が勝ち残ります。

豊富な資金をもっていたり、圧倒的な実績をもっていたり、、、現時点での力関係で勝負がついてしまうのです。

 

電子書籍の出版、電子書籍の集客への活用は、現時点で実績ゼロでもやっていけるにもかかわらず、自分から全面戦争をしようとすれば、電子書籍の「ライバルと共存できる」というメリットさえも、自ら消し去ってしまうということです。

 

ライバルとの共存はWin-Winの関係構築ができる

ライバルとの共存を理解し受け入れることができたら、あなたと見込み客はWin-Winの関係を築くことができます。

共存のメリットは、あなただけにあるわけではありません。

見込み客にとってもメリットがあります。

 

見込み客にとってのメリットは、2冊目、3冊目の情報源(書籍)を低価格で手に入れることができるということです。

見込み客の金銭的負担を軽減することができるのです。

紙の書籍であれば、もう1冊書籍を買うとなると、1000~2000円程度はかかるでしょう。

でも、電子書籍の販売価格を数百円にあなたが設定すれば、随分と負担が減りますよね。

 

そして、見込み客側の負担が減れば、2冊目の書籍として、あなたが出版した電子書籍を手に取ってもらいやすくなるというわけです。

 

共存のための電子書籍とは?

あなたがすべきことは、共存できる電子書籍を出版することです。

共存できる電子書籍とは、一体どんな電子書籍なのかというと、、、すでに出版されている書籍のテーマから、もっとテーマを絞り、深堀りしていく電子書籍のことです。

 

見込み客が1冊書籍を購入したら、もっと知りたい、もっと深く知りたいという感情を抱きます。

そうなると、他にもっと詳しく解説したり、説明したり、もっと深い知識やノウハウを手に入れたいと思います。

そこで、その感情に応える電子書籍を出版するということ。

なので、『狭く深く』、、、よりテーマを絞り、深堀していくことが大切になるのです。

 

 

『狭く深く』という電子書籍を出版することには、副産物もあります。

それは、『◆◆の専門家』という立場をつくりやすくなるということです。

専門家としての立場をつくることができれば、見込み客は「◆◆のことなら、あなたに聞こう!」とします。

こうなると、あなたがこれから展開していくコンテンツビジネスをやりやすくなる、、、こんなイメージが浮かびますよね。