KDPセレクトとは、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)の販促プログラムのこと。

KDPセレクトへの参加は任意で、強制ではありません。

出版する電子書籍1冊ごとに、KDPセレクトに参加するかしないか決めることができます。

Amazon Kindleが決めた『KDPセレクト』のルールとは?

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で電子書籍を出版すると、売上金額(販売価格×部数)の35%もしくは70%のロイヤリティを手にすることができます。

そして、KDPセレクトに登録することをあなたが承諾すれば、70%のロイヤリティを選択することができるようになります。

※あくまでも「選択できる」ようになるということです。70%にしなければならないわけではありません。

ロイヤリティ率70%を選択したときは、次の条件を承諾したことになります。

  • 配信コスト(1MBあたり1円)が差し引かれる。
  • KDPセレクト登録期間(90日間)中は、Kindleストアの独占販売となる。
  • 250円~1250円の範囲内で、販売価格をつける。

配信コスト(1MBあたり1円)が差し引かれる。

KDPセレクトで、ロイヤリティ率を70%に設定すると、配信コストが差し引かれます。

配信コストの金額は、サーバーに電子書籍データをアップロードした際の電子書籍ファイルのサイズ(MB未満は切り上げ)に、あらかじめ決められた単価(日本では1MBあたり1円)をかけた金額になります。

 

日本では(1MBあたり1円なので)、仮に電子書籍ファイルのサイズの容量が5MBとすると、500円の電子書籍を50部売ったら、{70%×(500円-5円)}×50部=17325円のロイヤリティになります。

※5円の部分が配信コスト(5MB×1円=5円)です。

 

35%を選択した場合は、配信コストはかからないので、35%×500円×50部=8750円です。

KDPセレクト登録期間中は、Kindleストアの独占販売となる。

KDPセレクトに登録している期間(90日ごとの更新)は、Kindleストアでの独占販売になりますので、他の電子書籍ストアで販売することはできません。

なので、他の電子書籍ストアでも販売したい場合には、KDPセレクトへの登録を解除する(もしくは、最初から登録しない)必要があります。

250円1250円の範囲内で、販売価格をつける。

KDPに登録すると、電子書籍の販売価格にも制限がもうけられます。

KDPセレクトに登録し、ロイヤリティを70%にする場合には、販売価格を250円~1250円の範囲内で設定しなければなりません。

 

KDPセレクトに登録しても、ロイヤリティ率を35%にすることはできます。

その場合には、250円~1250円の範囲内で設定する制限はかかりません。

※35%の場合は、99円~20000円。

 

さきほど軽く触れましたが、KDPセレクトは90日ごとの更新となっています。

あなたが何もしなければ、(新たに)90日間の登録期間が、自動的に更新されます。

ロイヤリティ(著者印税)の支払い

KDPにおける売上から手にできるロイヤリティは、月末締め60日後に、あなたの指定した銀行口座に振り込まれます。

支払いを受けるためには、あらかじめAmazonに銀行口座を登録しておかなければなりません(アカウント登録時に入力済)。

当然のことですが、銀行口座情報は、正確に登録してください。

ルールを決めるのはAmazon!

KDPのコンテンツガイドラインに違反しているとAmazonに判断されたコンテンツについては、「支払い義務を放棄する」とされています。

 

Amazon Kindleでは、基本的にどんなジャンルの電子書籍でも出版できるとされていますが、アダルトコンテンツなどは、あとからコンテンツを削除される場合もあります。

こうなった場合には、ロイヤリティを得られないだけではなく、過去にさかのぼって返金を要求される場合もあります。

 

認識しておいてほしいのは、ルールを決め、そのルールを運用しているのは、Amazonだということです。

あなたではありません。

Amazonがダメだと言えば、ダメなのです。

 

ロイヤリティ率70%を選ぶために受け入れる条件のなかで、『KDPセレクト登録期間(90日間)中は、Kindleストアの独占販売となる。』という条件を失念しがちです。

たとえ、「うっかりしていた・・・」というミスであったとしても、Amazonがペナルティを課すと言えば、何も言い返すことはできません。