見映えのイイ電子書籍をつくるためではなく、集客のための電子書籍をつくるためにお薦めの方法は2つ。

Wordを使うか。もしくは、メモ帳などのテキストエディタを使うか。

 

このほかにも方法はありますが、この2つがお薦めです。

お薦めする理由はシンプルで、手間(労力)がそれほどかからないから。

 

そこで今回は、集客のための電子書籍を制作するための、Wordをカスタマイズする方法について、解説します。

集客のための電子書籍をMicrosoft Wordを使って制作する

まずは、Word2016を使って、横書き・リフローの電子書籍をつくるための準備を解説します。

※『リフロー』とは、電子書籍を読む側のデバイス環境や読者の自由な選択によって、柔軟にレイアウトや文字サイズなどを変更していくことができる表示方法のことです。

Wordのオプションを設定する

はじめに、Wordのオプション設定を変更・確認します。

変更・確認するオプションは2つ。

『自動圧縮機能』と『インデント』です。

 

まずは、Wordを起動。

標準の「白紙の文書」テンプレートを使って、新規文書ファイルを準備します。

【ファイル】をクリック。

 

 

 

バックステージビューが表示されたら、【オプション】をクリック。

 

 

 

「Wordのオプション」ダイアログボックスが表示されたら、【詳細設定】をクリック。

 

 

自動圧縮機能

Word2007以降では、文書内に挿入した画像を自動的に圧縮する機能が、標準で有効になっています。

ですが、電子書籍内で、できるだけ高い画質の画像をキープできるように、今回は画像のファイルサイズを手動で管理していくことにします。

※集客のための電子書籍では、電子書籍内に画像や動画を埋め込まないテキストだけの電子書籍をつくることをお薦めしています。

 

そのために、『自動圧縮機能』を使用しない設定に変更します。

 

「イメージのサイズと画質」欄までスクロールして、【ファイル内のイメージを圧縮しない】にチェックを入れる。

 

 

インデント

Wordで編集する場合、インデントなどの単位は、1文字の幅で考えた方が便利なので、「単位に文字幅を使用する」設定になっているかを確認します。

※「インデント」とは、文章の行頭に空白を挿入し、先頭の文字を右にずらす「字下げ」のことです。 また、挿入された空白(スペース)を指すこともあります。 Wordでは、ページを囲むように設定した「余白」と「段落」との間に設定した空きスペースのことを「(段落の)左インデント」「右インデント」と呼びます。

 

「表示」欄までスクロールして、【単位に文字幅を使用する】にチェックが入っていることを確認します。

 

 

【OK】をクリック。

これで、Wordで電子書籍を制作するための準備(オプション設定)は完了です。

 

集客のための電子書籍をつくるためにWordをカスタマイズする

Wordを使って電子書籍を出版するにあたって、毎度毎度、編集作業に時間を割かなければならないとなると、それは時間・労力の無駄遣いでしかありません。

そこで、オプション設定に引き続き、Wordをカスタマイズしていきます。

※Word2016を使用したカスタマイズの方法を解説します。

 

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で出版する電子書籍は、リフローの場合、1ページ内における表示のされ方(レイアウト)が、自動的に変化します。

 

なので、読者が、行間や余白、文字の大きさを変えたときに、表示が崩れないように注意しなければなりません。

 

Wordには高度なレイアウト機能が装備されているので、複雑なページレイアウトでも表現することが可能です。

ただし、電子書籍は、Kindle端末、Android、iPadといった、読者側のデバイス環境に大きな影響を受けるので、すべてのデバイスで同じように表示させることはできません。

つまり、複雑なページレイアウトは必要ないということです。

 

電子書籍は、見出しと本文で構成されたシンプルなレイアウトで十分なのです。

 

電子書籍制作用にWordのスタイル機能をカスタマイズする

Wordで文章を書いていくときは、フォントの種類や文字の大きさ、文字の色、余白、前後の段落との間隔などを決めます。

ただ、これらを一行ごとに設定したり、一文ごとに設定するというのは、あまりにも無駄が多すぎます。

そこで、あらかじめこれらの設定の組み合わせに名前を付けて保存しておき、選択すればその設定をすぐに使用することができるようにしておきます。

 

こういったフォントの種類や文字の大きさなどをまとめて設定したり、変更したりすることができる機能が「スタイル機能」です。

本文で使うスタイルを設定する

Wordで書いていく原稿の「本文」で使うスタイルを設定します。

 

『ホーム』タブを開いて、赤枠の箇所でスタイルを設定していきます。

 

 

 

(赤枠箇所を拡大)

 

 

 

『ホーム』タブで、「スタイル」グループの右下(赤丸部分)をクリックして、『スタイル』ダイアログボックスを開きます。

 

 

 

『スタイル』ダイアログボックスの左下(赤丸部分)をクリックします。

 

 

『書式から新しいスタイルを作成』ダイアログボックスが開くので、赤枠部分の【名前】を変更します。

 

 

 

任意の【名前】を入力します。

今回は【電子書籍KDP本文】としました。

【名前】を入力後、「種類:段落」「基準にするスタイル:標準」「次の段落のスタイル:電子書籍KDP本文」になっていることを確認します。

※「次の段落のスタイル:電子書籍KDP本文」になっていない場合は、赤丸(点線)部分をクリックし、【電子書籍KDP本文】を選択します。

 

次に、左下にある【書式】をクリックし、【段落】をクリックします。

 

 

 

『段落』ダイアログボックスが開きます。

段落の先頭を自動的に一字下げたい場合は、『最初の行』の【字下げ】、『幅』を【1字】を選択します。

『インデント』や『間隔』の項目は、あなたの好みに応じて選択してください。

選択が終わったら、【OK】をクリックしてください。

※あとで変更することは可能ですので、仮決めしておいて、実際に作業しながら、あなたがやりやすいようにカスタマイズしてください。

 

 

 

『スタイル』グループの一番左が「電子書・・・」となっていれば、ここまでの設定が反映されていることになります。

本文を書くとき、ここをクリックするとカスタマイズした設定が反映されます。

 

 

 

見出しの書式スタイルを設定する

見出し1から見出し3までの書式を設定し、『ホーム』タブの『スタイル』グループに表示されるようにカスタマイズします。

まずは、見出し1から。

 

『見出し1』を右クリックします。

 

 

 

【変更】をクリック。

 

 

 

『スタイルの変更』ダイアログボックスが表示されるので、「基準にするスタイル:標準」になっていることを確認し、「次の段落のスタイル:電子書籍KDP本文」に変更します。

左下の【書式】をクリックし、【段落】をクリック。

 

 

 

『段落』ダイアログボックスが表示されます。

『インデント』『間隔』をあなたの好みで構いませんので、変更してください。

もちろん、そのままでも構いません。

 

『間隔』の【段落後】は1.5行以上に設定したほうが見やすいかもしれません。

(下図では、1.5行に設定しています。)

 

 

 

『段落』ダイアログボックスで、『改ページと改行』タブを表示して、【段落前で改ページする】にチェックを入れ、【OK】をクリックします。

 

 

 

ここまでの手順を参考に、見出し2も設定します。

ただ、『段落前で改ページする』の設定はチェックを入れても、入れなくても、どちらでも構いません。

 

 

「スタイル」グループに見出し3が表示されるようにカスタマイズします。

『ホーム』タブで、「スタイル」グループの右下(赤丸部分)をクリックして、『スタイル』ダイアログボックスを開きます。

 

 

 

『スタイル』ダイアログボックスの赤丸部分をクリック。

 

 

 

『スタイルの管理』ダイアログボックスの【推奨】タブをクリックします。

 

 

 

【見出し3】を選択し、【表示】をクリックしたら、【OK】をクリックします。

 

 

 

『見出し3』が表示されます。

 

 

 

『見出し3』を右クリックし、【変更】をクリック。

 

 

 

『スタイルの変更』ダイアログボックスが表示されるので、「基準にするスタイル:標準」になっていることを確認し、「次の段落のスタイル:電子書籍KDP本文」に変更します。

左下の【書式】をクリックし、【段落】をクリック。

 

 

 

『段落』ダイアログボックスが表示されます。

見出し3の初期状態である下図が表示され、『インデント』は「左:4文字」となっています。

ここは【0字】に設定したほうが、見映えが良いと思いますが、これも好みです。

 

設定が終わったら、【OK】をクリックします。

 

 

その他の設定

『ヘッダーとフッター』は、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)にデータをアップロードしたとき、自動的に取り除かれてしまうので、設定は不要です。

ただ、執筆中にヘッダーやフッターがあったほうがやりやすいのであれば設定しても問題ありません。

 

ページの余白もヘッダー・フッター同様、仮に上下左右の余白を設定しても、アップロード時に無視されてしまうので、標準のままで構いません。

Wordファイルの保存と形式

以前は、Wordファイルの保存形式は『.doc』でなければなりませんでしたが、現在は『.doc』のファイル形式で保存しても『.docx』のファイル形式で保存しても、問題なくアップロードできます。

 

以下、KDPヘルプより引用。(準備、出版、販促>原稿、表紙、目次>原稿の書式設定>電子書籍の原稿リソース>電子書籍のフォーマットの簡易ガイド)

電子書籍のフォーマットの簡易ガイド

このガイドでは、Microsoft Word を使用して Kindle Format 8 (KF8) 形式の電子書籍を作成する方法について説明します。Kindle 電子書籍を HTML でデザインする場合は、「基本的な HTML のフォーマットのガイドライン」をご覧ください。 注: Word ファイルをアップロードする前に、必ず「変更履歴」オプションをオフにしてください。このオプションは、「校閲」タブの「変更履歴」セクションにあります。

本の作成

Word は、書式設定が簡単にできるので便利です。Word では、原稿を執筆することも、ソース ファイルを Word 形式 (DOC/DOCX) に変換することもできます。体裁の整った見栄えの良い電子書籍を作成するには、以下の点にご注意ください。

ファイル形式: コンテンツは DOC または DOCX 形式で保存します。作業内容が失われることを防ぐために、作業中はファイルをこまめに保存してください。

: 本に表を含める場合は、Word の「表の挿入」機能を使用します。

レイアウト: Word のデフォルトの段落インデント、太字、斜体、および見出しスタイルを Kindle 本に使用できます。特殊なフォント、ヘッダー、フッターは使用しないでください。これらは Kindle 本に反映されません。

改ページ: 章の区別を明確にするために、各章の末尾に改ページを挿入してください。Word で改ページを挿入するには、「挿入」タブの「ページ区切り」をクリックします。

改行: 行を折り返す位置で Enter キーを押さないでください。Word では、長いテキストを入力していると自動的に次の行に折り返されます。段落や文章の途中で改行を挿入する必要がある場合は、Shift + Enter キーを押すようにします。こうすれば、行間が同じままに保たれます。

画像の配置: JPEG 形式の画像を中央揃えで挿入します。画像をコピー & ペーストで貼り付けないでください。

Word で画像を挿入するには、「挿入」タブの「画像」をクリックし、目的の画像ファイルを選択します。PC、Mac、iPad、iPhone、Android 用の無料 Kindle アプリでは、本に含まれる画像をカラー表示できます。Kindle E Ink 端末でも画像を表示できますが、16 諧調の白黒濃淡で表現されるモノクロ表示となります。

原稿ファイルに表紙画像を含めないでください。表紙画像は、本を出版または再出版するときに自動的に追加されます。

スペルチェックと文章校正: Word のスペルチェック機能や文章校正機能を使用すると便利です。ただし、自動チェックでは検出されないミスもあるので、ファイルを目視で校正することも必要です。

ヒント: 英語で書かれた本の場合は、専門家による校正編集サービスをご利用いただけます。

 

 

最後にもう一つだけ、、、

フォントの種類もアップロード時に無視されてしまうので、フォントの種類にこだわる必要はありません。

フォントサイズはある程度反映されますが、読者が使用するデバイスによっては、読者側でフォントサイズの変更もできてしまうので、こだわる必要はありません。