【電子書籍】電子書籍出版の失敗を引き起こす原因?こんな時は電子書籍を出版してはいけません。

電子書籍(EBOOK)

このサイトでは、コンテンツビジネスのひとつとして、電子書籍の出版についてあなたに話をしているわけですが、『ビジネス』である以上、どんなときでも・どんな条件でも、電子書籍を出版しさえすれば、何でもOKかというと・・・もちろん、そんなことはありません。

【電子書籍】必ず失敗する!安易な”電子書籍をたくさん売る”方法。

電子書籍(EBOOK)

ビジネスではいかに注目を集めるかが重要です。(熱狂する)ファンを増やそう・・・的な話を聞いたことがあるかもしれません。ところが、この話には注意が必要です。今日は個人企業やフリーランスが、電子書籍の出版でやってはいけない注目の集め方についてお話しします。

【電子書籍】書籍の必須条件。絶対に失敗する電子書籍に不足している要素とは?

電子書籍(EBOOK)

「電子書籍で見込み客リストを集めることができる!」こういう話を聞くと、多くの人たちが間違った行動を選択します。当然のことながら、間違った行動では、集客なんてできません。もちろん、売上を上げることなんて夢のまた夢・・です。

【電子書籍】電子書籍出版はライバルと勝負しないで勝つ方法でもある。

電子書籍(EBOOK)

大手・中小問わず、いろいろな出版社が紙の書籍を出版しています。小説が売れない、雑誌も売れない、そんな環境においても毎日毎日、次々と新刊が発行され続けています。紙の書籍の場合、すべての書籍が同列に並ぶなんてことはありません。一方、Kindleストアは違います。

【電子書籍】街から書店が消えている事実が逆にチャンスを増やしている!

電子書籍(EBOOK)

あなたが住む街の書店が閉店したなんてことはないでしょうか?実際のデータを見てみると、年々街から書店が姿を消していることがわかります。本屋に頻繁に行く人にとっては、実に皮肉な話ですが、書店が消えている現状が、逆に集客のチャンスでもあるのです。

【電子書籍】コンテンツビジネスの成否は『リスト』の質が決める!

電子書籍(EBOOK)

コンテンツビジネスに限った話ではありませんが、ビジネスにおいて『リスト』は、とても重要です。もし、あなたが破産しても、手元に『リスト』さえあれば、ビジネスをゼロからやり直しということにはなりません。つまり、それだけ『リスト』が重要だということです。

【電子書籍】電子書籍の出版は「村上春樹<夏目漱石」を目指す!?

電子書籍(EBOOK)

タイトルを見ただけではまったく意味がわからないかもしれませんが、「村上春樹よりも夏目漱石」というのは、実はとても重要なことです。今日の話は「なぜ、少ないリストでビジネスを軌道に乗せることができるのか?」という話に、直接関係あることですから、要チェックです。

【電子書籍】コンテンツビジネスの成功への道。電子書籍をリサーチに活かすための極意とは?

電子書籍(EBOOK)

ビジネスでは、売れると思っていた商品やサービスが、まったく売れないなんてことが、日常的におこっています。もちろん、コンテンツビジネスでも。いや、むしろコンテンツビジネスでは、他のビジネスよりも多いかもしれません。

【電子書籍】ロングセラーを生み出すための電子書籍3つの判断指標とは?

電子書籍(EBOOK)

電子書籍を出版するなら、どんな電子書籍でもイイかというと、もちろん、そんなことはありません。出版する電子書籍によっては「売れる・売れない」以前に、興味をもってもらえないなんてケースもあります。見向きもされない電子書籍を出版するよりも、ある程度『売れ行き』の予測ができていた方が断然効率的に電子書籍出版に取り組めます。

ページの先頭へ